• hagiwara
      萩原 なつ子(はぎわら なつこ)

      (代表理事)

      <講演テーマ>
      NPOの基礎、NPOと行政の協働

      立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・教授。(財)トヨタ財団アソシエイト・プログラム・オフィサー、東横学園女子短期大学助教授、宮城県環境生活部次長、武蔵工業大学環境情報学部助教授等を経て、現職。著書に「市民力による知の創造と発展」。2004年より日本NPOセンター常務理事、副代表理事を経て2018年より現職。


    • imata
      今田 克司(いまた かつじ)

      (副代表理事)

      <講演テーマ>
      NPO・NGOの国際潮流、グローバル市民社会とSDGs、NPOと評価など

      一般財団法人CSOネットワーク代表理事、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事。日本評価学会認定評価士。1990年代米国で日米NPOセクターの人材交流を推進する日米コミュニティ・エクスチェンジ(JUCEE)を立ち上げ事務局長に就任。帰国後、CSO(Civil Society Organization)連絡会(後にCSOネットワークに改称)設立に加わり事務局長、共同事業責任者。2008年より市民社会の強化を推進するCSOのグローバルな連合体CIVICUS (本部:南アフリカ)事務局次長。2014年より日本NPOセンター常務理事。2018年より現職


    • tajiri
      田尻 佳史(たじり よしふみ)

      (常務理事)

      <講演テーマ>
      NPOの組織基盤強化・運営、多様な主体の連携・協働、ボランティア、地域づくり、行政のNPO施策

      大学卒業後、海外での4年間のボランティア活動を経て、社会福祉法人大阪ボランティア協会に入職。1996年より日本NPOセンターに出向、2003年転籍。事務局長、特任理事を経て2018年より現職。市民活動の基盤整備を推進すべく、NPOと他セクターとの連携のためのコーディネーションを行い、東日本大震災の復興支援事業を含む多くのプログラムの企画立案を手掛ける。2015年富山県黒部市に移住。


    • yoshida
      吉田 建治(よしだ けんじ)

      (事務局長)

      <講演テーマ>
      NPOの組織基盤強化・運営、広報・情報発信(SNSなど)、伝えるコツ、災害時の連携、NPO法制度

      大学在学中に奈良の古い街並みを保存するNPOに参加。NPOが主体となった地域づくりに興味を持つ。2001年より大阪ボランティア協会職員、2004年より日本NPOセンター職員。NPO向けの情報化支援担当、市民セクター全国会議をはじめとする研修事業、児童館とNPOをつなぐ「子どものための児童館とNPOの協働事業」、NPO関連法税制改正、災害支援などを担当。2017年より現職。


    • ueda
      上田 英司(うえだ えいじ)

      (事務局次長)

      <講演テーマ>
      企業のボランティア参加、NPOの広報、ボランティアコーディネーション、NPOの組織基盤強化・運営

      島根県出身。大学在学中に国際ボランティアに参加し、市民活動の持つ可能性に魅せられ大学を中退。国際ボランティアNGO・NICEの事務局長を経て、2017年日本NPOセンター入職。狛江市市民活動支援センター副運営委員長、東京ボランティア・市民活動センター常任委員、日本ボランティアコーディネーター協会理事などを務める。企業とNPOの協働事業やボランティアコーディネーションを専門として、市民参加の推進に取り組む。


    • sakaguchi
      坂口 和隆(さかぐち かずたか)

      (事務局スタッフ)

      <講演テーマ>
      NPOの組織基盤強化・運営、理事会運営、NPOの広報、NPOの会計基準、NPOマネジメント、地域とNPO、セクター間の協働

      国際協力NGOシャプラニール=市民による海外協力の会の事務局長を経て、2008年日本NPOセンター入職。本業の傍ら、地元の西東京市や武蔵野市で子どもの暮らしやすいまちづくりやフェアトレードなどの市民活動に関わる。シェア・ザ・プラネット理事、開発教育協会理事、シャプラニール=市民による海外協力の会評議員、子どもアミーゴ西東京評議員、全国ボランティア・市民活動振興センター運営委員。


    • nitta1
      新田 英理子(にった えりこ)

      (特別研究員)

      <講演テーマ>
      地域とSDGs、企業とSDGs、NPOの組織基盤強化・運営、多様な主体の連携・協働、NPO法制度、行政職員のためのNPO基礎

      企業の社員教育部門に勤務後、環境NPOを経て1998年日本NPOセンター入職。NPO向け講座の企画や運営、企業の社会貢献プログラムや企業との協働事業の企画運営などのNPO支援を担当。事業統括部長、事務局長、SDGs事業プロデューサーを経て2018年より現職。2017年よりSDGs市民社会ネットワークに週3日勤務。SDGsに地域で取り組むNPOの支援を行う。鳥取県協働提案・連携推進事業補助金審査会委員、スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム選考委員、京都精華大学評議員。一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク事務局長代行。


    • 椎野 修平(しいの しゅうへい)

      (特別研究員)

      <講演テーマ>
      NPOと行政の協働、行政のNPO政策、自治体職員のためのNPO講座、NPO支援センターのあり方、非営利法人制度の現状など

      神奈川県庁にて税務、国際交流、児童福祉、広報、商工部局などの業務を担当。1996年4月に全国に先駆けて開設された「かながわ県民活動サポートセンター」に10年間勤務し、市民活動やNPOの支援に取り組む。この間に「かながわボランタリー活動推進基金21」の設立に関わり、NPOと行政の協働事業への資金提供の仕組みを構築。退職後に経済団体で中小企業の経営支援や商店街振興などに携わった後、2012年4月より現職。


問い合わせボタン青